命灯会 ロウソク 献灯台 試作品

東日本大震災を機に宮城県気仙沼市に移住した若者が中心になって、気仙沼で ロウソクを製造する会社を起こしました。そして「命灯会」と名付けられた東日本大震災の全ての被災者への鎮魂の祈りと今を生きる私たちが明日への希望を願いながら ロウソクを灯すイベントを7回忌に当たる日に名古屋の東別院で始めた。そして、熱い思いを持って…日本全国を行脚して各地で「命灯会」をおこなっている。

弊社に300本以上のロウソクを灯す献灯台について、簡易で軽量なものを作ることができないかとの相談を受け、試行錯誤しながら約半年かけて試作品を作りあげました。
今、試験的に「命灯会」に使っていただき、改良すべきところは改良し、満足いただける献灯台を作っております。
気仙沼の若者は、日本全国に「命灯会」を行なっていただける寺院さまを行脚しつつ探しております。

弊社としては、その一助となれば幸いと思い協力させていただいております。

命灯会 ロウソク 献灯台 試作品

 

命灯会 ロウソク 献灯台 試作品