廃寺となった寺院の宗教用具一式について

先般、ホームページやFacebookなどで愛知県下のとある寺院が昭和56年に廃寺となったあと、檀家のおばあさまお一人でお祭りし丁寧に守り続けてきた仏像や仏具などのたくさんの宗教用具(真言宗)をお譲りし、お祭りしてくださるところを探している旨投稿させていただきましたが、あちらこちらと関係者各位で心当たりを当たっておりましたところ・・・新しい引越し先がほぼ決まりました!
新しい受け入れ先となる寺院の住職様も心優しい方で信仰心を大切になさっている方ですので、これらの宗教用具類も新天地で大切にされていくことと思います。
なにより一人で守り続けてきたおばあさまも一安心といったところではないでしょうか。
今後、引越しの段取りや搬出・搬入方法など何点かの諸問題を解決して無事に新しい受け入れ先への引越しができるように弊社もご縁をいただいた者の務めとして全力でお手伝いしていきたいと思います。

廃寺となった寺院の宗教用具一式について