SL(D51-200)  オリジナル御守

先般の投稿で、山口県の錦川鉄道を貸し切って団体列車で春旅を満喫させていただいたようなことを書かせていただきました。
弊社の代表が大の鉄道オタクであるということからご縁ができた JR山口線(ローカル線)を応援し沿線の活性化を目指す団体「船平山鉄道親交会」ですが、その会の代表は曹洞宗の住職さまでもあります。
その代表(住職)と弊社とでコラボした「SLのオリジナル御守」が完成し、納めさせていただきました。


この御守は、京都・西陣の業者様とで作らせていただいた正絹の錦の御守になります。正面にD51のデザインを裏面には船平山鉄道親交会の住職が居られる「泉福寺」の名前を配し、淡い色合いにして上品な趣になるよう心掛けました。
この御守の売上金は、船平山鉄道親交会の活動費として使わせていただき、地方で喘ぐローカル線沿線の活性化に役立ててまいりたいと思います。

弊社は、普段あまりこのような御守(授与品)は取り扱いがありませんが、少しずつですがこういったお問い合わせも頂くようになりました。

何社か授与品を取り扱う業者さまとも懇意になり、大いに助けられており、大変ありがたいことだと思っております。

このSL御守、限定500体の生産となっております。もし興味があるようでしたら弊社にご一報ください。お手元に届くようにお取り計らいさせていただきます。

SL(D51-200)  オリジナル御守