狛犬とは、歴史の中で独自の変化を遂げた一対の獅子と狛犬

狛犬とは

狛犬は古い歴史の中で姿が変わり、役目はそのままに場所を移し社殿・宮中などを守護してきました。時代の流れとともに、分かりやすくその特徴を見ていきましょう。貴重な木造狛犬の修繕をご検討されている方も、ぜひご参考までに狛犬の歴史をご覧ください。またこれから新しい時を刻む狛犬の新調には、乾漆製法もおすすめです。

狛犬とは

かつて仏教が伝わったとされる飛鳥時代と同じころ、仏像とともに日本にも狛犬が伝わってきました。狛犬は空想上の生き物で、邪気を払い神前を守護する霊獣(神獣)です。

狛犬にも阿吽がある

狛犬は口を開けた右側のものを「阿形」、口を閉じた左側のものを「吽形」と呼び、対になるように設置します。古いインドの言葉であるサンスクリット語では、阿は最初の音、吽は最後の音であり「はじめから終わりまで」を意味しているのです。

そして仏教ではこれを「この世に生まれ悟りを開き、煩悩や執着を消していきつく安楽の世界に至るまで」とし「阿吽」と表現しています。阿吽の呼吸として知られる仁王像も同じように口を開けた「阿形」と口を閉じた「吽形」がありますが、これらも狛犬と同じような意味を持つそうです。

一般的に狛犬は神社で見られますが、まれに寺院でも見かけることができます。

狛犬はかつて獅子だった

日本に伝わってきた当時の狛犬は「獅子」であり、その頃から対となっていました。狛犬とは言いますがその起源は獅子(ライオン)であり、仏像の前に2頭置かれていたそうです。

時代の移り変わりで見る狛犬の特徴

平安時代になると獅子・狛犬それぞれが異なる外見を持つようになり、対となって置かれるようになります。宮中での魔除け、間仕切りや装飾に用いた几帳のそばに置く重しとして、木造や金属製の狛犬が置かれていたそうです。平安時代中期の随筆である枕草子にも登場し、屋内の調度品である御帳台の前などに置かれていたことが分かります。

この頃から、2頭の獅子であった狛犬は以下のように区別されるようになるのです。
・右側、口を開けた角(つの)がないものを「獅子」
・左側、口を閉じ、角(つの)があるものを「狛犬」

また古い時代において獅子は巻き毛で耳が立っており、狛犬は直毛で耳が寝ているなどの特徴を持っています。

鎌倉時代になると胸に鈴をあしらうようになり角の有無が曖昧となりますが、この時代に作られたとされる木造狛犬(大宝神社)は凛々しく、後に多く真似されるほどの人気です。また、末期に随筆された徒然草には出雲大神宮の本殿前に「獅子・狛犬」がいたとの記載もあり、曖昧となりながらもまだ獅子と狛犬の区別が付いていたのかもしれません。

さらに江戸時代を迎える頃には、獅子・狛犬ともに角がなくより区別が付きづらくなってきます。昭和に入ると毬のようなものを抑えた「玉取り」、子どもを連れている「子取り」などの様式が増え、頭部が大きく作られるようになりました。

本来獅子と狛犬は区別されており別々のものですが、現在は獅子と狛犬をあわせて狛犬といった意味で呼ぶのが一般化しています。

また狛犬の役割を蛇・兎・牛・狐などが果たし、その神社の御祭神とかかわりのある動物が神前を守護していることもあります。

狛犬は木造狛犬が主流だった

現在神社の入り口や参道で見られる狛犬はほとんどが石製ですが、江戸時代より以前に作られたそのほとんどは木造狛犬でした。作られていた時代が古いこともあり、多くの木造狛犬が国の重要文化財に指定されています。

狛犬は皇室や社殿の守護を目的として屋内に置かれていたため、雨風などを心配する必要がありませんでした。また木造のものは神社建築の内装との調和もとりやすく、他にも陶や金属で作られることもあったそうです。

陶製狛犬

室町時代の作品として知られる「陶製狛犬」は、大正2年に国宝、昭和25年に重要文化財に指定されました。所有している深川神社にある陶彦社には、陶祖である加藤四郎左エ門景正(藤四郎)が祀られています。そして現在でも、その藤四郎が製作し奉納した陶製の狛犬を拝観することができるのです。しかし残念ながら獅子はすでになく狛犬のみとなり、前脚の一部も火災による損傷で木造修繕されています。

鉄製狛犬

鉄で作られた狛犬は現存しているものが全国に数体しかありません。そしてその内の一対は鉄造狛犬として重要文化財に指定されており、現在も高千穂神社(宮崎県)においてガラス越しに拝見することが可能です。

鎌倉時代に源頼朝が寄贈したとされるこの鉄造狛犬は、頭を高く立てて腰はしっかりと落とした逞しい姿となっています。石のようにも見える力強さも特徴的です。融点が高く扱いづらい鉄ですが、細部も大過なく製作されており、鉄造遺品の中でも優れています。

まとめ

狛犬とは本来獅子と狛犬の一対であり、長い歴史とともにまさに阿吽の呼吸で社殿などを守護してきました。時代によってその外見は変わり、ある意味日本独自の進化を遂げたとも言えます。社殿の入り口を守るため現在は石造りのものが多くなっていますが、木・陶・鉄で作られた狛犬も大変貴重な霊獣です。これらをお守りするため、「清和佛具株式会社」では木造の狛犬・神像の修復・新調を賜っております。乾漆という製法を使用した漆仕上げ、彩色・漆箔も可能ですので、ぜひ一度お問い合わせください。