佛具の彩色はどのようにおこなわれているのか?彩色の流れについて

彩色の流れについて

お寺の本堂の中を見渡すと、美しい色合いの佛具を多くみられます。小さなものから大きなものまで種類は多数ありますが、その鮮やかな色合いはすべてひとつひとつ機械の手を借りず、彩色によって色合いが整えられていることをご存知でしょうか。

本記事では佛具の彩色が、どのようにおこなわれているのかを紹介します。ぜひ参考にしてください。

彩色とは

佛具の彩色はひとつひとつ職人によって色をつけられます。彩色を専門におこなう彩色師と呼ばれる職人が、白をベースにした淡い色を特徴とする淡彩色、何度も塗り濃厚な色合いにする極彩色、古びた色合いにする古色を使いわけて、鮮やかな色合いに仕上げていきます。

お寺の本堂内にある佛具を丁寧に見ると、職人による丁寧な色合いを感じ取れます。

彩色の流れ

彩色が実際にどのような手順でおこなわれるのか、それぞれの段階をチェックしていきましょう。

下地塗り

仏像をはじめ佛具の多くは、木で土台が作られています。この木地に直接色を塗ってもしっかりと彩色されないので、はじめは漆塗り、カシュー塗りをおこなうことで下地を作りあげていきます。

このとき一度塗りあげるのではなく、何度も塗り直すことで白塗りをした木地に仕上げていきます。この際には下地塗りをする職人がおこなうため、彩色職人の力を借りることはありません。

金箔押し

下地が完成すると、金箔を使い仕上げの装飾をおこないます。佛具によっては彩色にとりかかるケースもありますが、佛具の中には金を施したものもあるので、このようなものは金箔押しを先に行い佛具の土台を完成させていくことになります。金箔押しの作業は下地の必要な箇所におこなうため、細かい作業が求められます。

彩色

下地が完成したらいよいよ彩色です。彩色の際は、極彩色、淡彩色、古色を使い分けて塗り上げていきます。このとき、佛具、仏像に深い味わいをもたらすため、何度も塗りあげ重みのある色合いに仕上げていきます。

彩色と金彩色の違い

彩色の中には金彩色というものがあります。一体どのように違うのでしょうか。彩色は重厚な味わいのある色合いに仕上げるものですが、金彩色は細かく切った金箔を使い、仏像の衣などの模様を切金で描いていきます。その後、金彩色で淡い色をつけていく工程になります。

つまり、彩色は仏像などに施す彩色、金彩色は金箔の上を彩色する際におこなうものと認識しておきましょう。

彩色師によって色合いが違う

仏像の彩色の最大の特徴は、彩色師によって色合いが違うというところにあります。同じ仏像でも色合いがまったく異なります。彩色師によってどのような色の違いのあるのか変化を楽しむのもよいでしょう。ぜひ全国各地のお寺を訪れて、彩色師による色合いの違いを楽しみましょう。

彩色が美しい仏像例

彩色師による美しい仏像はどのようなものがあるのでしょうか。彩色が美しい仏像例をいくつかご紹介します。

鬼子母神

安産や育児の神様と呼ばれる鬼子母神は、彩色師によって色合いが大きく異なります。優しい緑色をベースとした仏像もあれば、赤の衣をベースとして、どこか力強い印象を受ける像もあります。

像によって印象が大きく異なるので、気になる方はぜひ、さまざまな鬼子母神像をチェックしてみましょう。

持国天像

四天王の一体で、顔は緑、衣は赤でまとい力強い表情をしています。彩色によって鮮やかな衣をまとうものもあれば、赤色で力強い印象を与える仏像までさまざまです。彩色師によって仕上がりが大きく異なるので、変化を楽しむのもよいでしょう。

そのほかにも、さまざまな彩色師が手がける仏像は全国各地に多くあります。ぜひその目で彩色師が手がけたこだわりの作品をチェックしましょう。

彩色の職人の高い技術

彩色の職人の高い技術が、どの程度であるのかについて理解できたのではないでしょうか。彩色師になるためには、どのようにすればなれるのでしょうか。ここからは彩色師のなり方について簡単に紹介していきましょう。

どうやれば彩色師になれるのか

彩色師になるためには、弟子入りをする必要があります。伝統的な職人になるため企業に就職する、資格を取得する必要はありません。彩色師を目指すのであれば彩色師とのつながりがある住職や佛具店に話をして紹介してもらいましょう。

もちろん弟子入りした後は何年にもわたり修行をする必要があります。人によって異なりますが、彩色師としての色合いのセンスを身につけるため修行期間は10年以上必要になることもあります。彩色師を目指すのであれば、それなりの覚悟が必要になることを覚えておきましょう。

まとめ

鮮やかな色合いの佛具をご自分の仏壇にもおきたいと考えている方は、「清和佛具株式会社」にご相談ください。当店では、専属の彩色師が手がける鮮やかな佛具を多数ご用意しております。気になる佛具があれば、ぜひ当店にご相談ください。皆様からのお問い合わせを心よりお待ちしております。