厨子(宮殿)とは、形式やデザインと厨子周りの各机類について

厨子(宮殿)とは、

ご本尊をお納めする厨子は、仏壇の原点です。経や祈りをささげる場所であり、その歴史は仏龕からはじまっています。大切なものを守る場所として未来へと紡いでいくためには、厨子の歴史や形式、材木を知ることも必要です。新調、修理の際に悩むことがないよう、厨子周りの各机類についてもあわせて確認していきましょう。

厨子(宮殿)とは

厨子とは、仏像や仏画・経巻などを納め安置する棚のような役割をもった仏具です。仏龕(ぶつがん)という仏像などを安置する小室・入れ物が発展したものだとされています。

宮殿型厨子

奈良時代以前には厨子という言葉が使われていなかったため、社寺建築に準じて製作されたものを「宮殿型厨子」または「宮殿」などと呼んでいました。しかし厨子と宮殿の区別ははっきりとされておらず、宮殿もまた厨子の一種です。

日本最古の宮殿型厨子は、法隆寺 大宝蔵院に展示されている国宝「玉虫厨子」であり、その名が広く知られています。施されている玉虫細工は、虹色の縞模様が見える玉虫の羽を伏せ、透かし彫りの金具を重ねたものです。今ではその羽のほとんどがなくなっていますが、名前の由来にもなり際立った細工となっています。また桧と樟を使用した木造の黒漆塗りは、飛鳥時代の建築様式をそのままに伝えるものあり、その見た目も大変重厚です。

日本を代表する厨子

玉虫厨子と同じく法隆寺にある橘夫人念持仏厨子も、玉虫厨子に次いで歴史のある国宝となっています。黒漆塗りの扉、金泥で描かれた絵画、彫刻や須弥座の彩色画など様々な技術を用いて製作されました。

厨子の種類・形式

一般的な厨子の種類としては、宮殿型厨子のほかに禅宗様厨子・折衷用厨子が用いられることが多いとされています。

「禅宗様厨子」
禅宗様(唐様)の建築様式に準じて製作された厨子。

「折衷様厨子」
和様と禅宗様の両方を取り入れた、寺の堂宇の建築様式に準じて製作された厨子。

他にも、鎌倉から室町時代において製作された春日曼荼羅が描かれる春日形厨子、平安時代に多く文献が残っている納経厨子、懐中用のコンパクトな印籠厨子など種類・形式は様々です。

厨子のデザインや材質

国宝の中には竹製の竹厨子などもあり、金属で製作されたものもあります。しかし多くは紫檀や黒檀などの唐木を使用した木造です。漆箔や漆塗り仕上げ、そして蒔絵や彩絵などで装飾が施されています。

形は正方形や長方形などの箱型をしているものが多く、家屋型・円形型といった形状が多いです。正面に両開きの扉がついているのが一般的ですが、中には前後に扉をつけた両面厨子と呼ばれるものもあります。

また屋根の形によって、以下にも分類されます。
・屋蓋の形状が丸みをおびた「丸厨子」
・平たい形状で奥行きが狭い「平厨子」
・上部に装飾用の幕が張られた「帽額厨子」

厨子の前に置く仏具

須弥壇(しゅみだん)

須弥壇とは、ご本尊を安置するために一段高く設けられた専用の場所のことです。須弥壇にそのままご本尊を安置する場合もありますが、この上に厨子を置き、厨子の中に安置する場合もあります。

一般的には四角形が多くありますが、八角形・円形など様々です。そのデザインは須弥山をかたどったものだとされており、仏の座とも呼ばれることもあります。

かつては土や石、漆喰などで作られていましたが、平安時代からは木造で装飾を施したものが増えました。この時代に製作された須弥壇としては、国宝でもある漆塗りの「螺鈿八角須弥壇」が有名です。

登高座(礼盤)

登高座とは、導師がご本尊の前で誦経するための高座です。須弥壇・厨子の正面に置かれ、礼盤とも呼ばれています。形としては箱のようなものや猫足がついたものなどがあり、最近では足腰の負担を減らすため椅子型の登高座などもあるようです。

重要文化財に指定されている登高座(礼盤)としては、鎌倉時代の「箱型礼盤」や「胆丸文蒔絵礼盤」があります。また、南北朝~室町時代頃に製作されたとされる「蓮唐草蒔絵箱形礼盤」は、他の礼盤にはない特徴的な技法を用いて製作されたものです。

前机

前机とは、三具足と称される花立・燭台・香炉を飾るために使用する机です。さらに花立と燭台を追加して一対とし、五具足になる場合もあります。前机の一種として、経本を読むための経机などもあります。

まとめ

厨子(宮殿)はご本尊や仏画などを安置する箱状のもので、直射日光からも守ってくれる仏具です。宮殿型厨子・禅宗様厨子・折衷様厨子など複数の形式があり、屋蓋の形状でもその分類が分かれます。材質なども様々あるため、宗派問わずご相談いただけますと幸いです。

「清和佛具株式会社」では、厨子・宮殿などの仏具の修復・新調のほかに、須弥壇や登高座、前机などのご相談もお受けしております。一部のみの改造や金具のみの取り付け、漆仕上げ・金箔仕上げ・彩色仕上げなどのご要望がありましたらぜひお聞かせください。