仏像の製作技術とその移り変わりについて詳しく解説

仏像の製作技術

日本には大きいものでは奈良の大仏として知られる東大寺の「銅造盧舎那仏坐像」から、小さいものでは京都の仁和寺の秘仏として知られる「薬師如来坐像」まで、実に大小さまざまな仏像が国宝や重要文化財に指定されています。また、時代の移ろいとともに、仏像に変化がみられるのも興味深いところです。見る者の心をつかんで離さない仏像ですが、どのような技術でつくられたのでしょうか。

金銅仏

金銅仏とは銅にスズなどを混ぜた合金を原料に造られた仏像です。蝋で作った形に土を塗った後、焼いて蝋を溶かします。蝋が溶けることで出来た空間に銅を流し込み、冷え固まったところで土を割ると仏像が姿を現します。そこに鍍金(金メッキ)を施すと完成です。

飛鳥・平安時代に数多く造られましたが、その理由には日本に初めて伝わったのが金銅仏の釈迦如来像ということもあったのかもしれません。

塑像

塑像は土を素材にした仏像です。最初に木組みを作り、その木組みに粘土が付きやすいように藁縄を巻き付け、その荒縄に荒土、中土、仕上げ土の順に塗り付けて形を作ります。仕上げ土の段階で、手やへらで顔の表情や衣などに細かい造形を施していきます。最後は天然の岩石を砕いて粉にした岩絵の具で彩色して完成です。

主な素材である土は非常に安価に調達できるのが利点でしたが、重くて壊れやすいという欠点もありました。

乾漆造

乾漆造は麻布や和紙を漆で貼り重ねることによって、または漆と木粉を混ぜて練り合せたものを盛り上げて作られる仏像のことです。乾漆造はさらに脱活乾漆造と木心乾漆造に分けられます。

脱活乾漆造

脱活乾漆とは、土で作った原型に麻布を漆で貼り重ねて成形する技法です。

まずは原型作りです。木組みを作り、藁縄を巻いたところで土を塗り付け、さらに目の細かい土を塗り、ヘラで細かい部分を造形することで原型が出来上がります。その原型に漆を接着剤として麻布を複数枚貼り重ねます。次に仏像の後頭部と背中の部分の麻布を切り取り、中の土と木組みをすべて取り除きます。

取り除いたあとは空洞になりますが、そこに像を支えるための木組みを入れます。その木組みは動かないように、像の外側から釘で固定されました。麻布を取り除いてできた開口部に、漆に木の粉を混ぜ合わせた木屎漆を盛り付けて成形します。最後に、表面を磨き彩色を施して完成します。素材となる漆は高価なため製作費がかかり、また、ご覧のように時間と労力もかかる技法でした。

木心乾漆造

木心乾漆造とは木彫りの像を原型とし、それに漆と木屎漆を盛り上げて細部を形作って像を完成させる技法です。”木心”の言葉通り、土で形作った原型ではなく木彫りの像を原型とすることで、製作時間を大幅に抑えることができました。また、高価な漆の使用量も少なくて済むため、製作費の削減にも貢献した技法だったのです。

ただ、乾漆の塗り方が均一でなければひび割れが生じるため、その作成には高い技量が必要とされました。

木造

文字通り、木を素材とする製法です。国土の8割を山地が占める日本では、木材は容易に手に入れられる素材でした。ただ、木を素材とするにしてもその製法は数多くあります。

一本造

1つの材木から仏像の頭と体幹部を掘り出す技法です。手足の先などを他の木材を用いて継ぎ足すような場合でも、頭と体幹部が1つの材木から形作られていれば一本造と呼ばれていました。平安初期に全盛期を迎えた技法です。

内刳り(背刳り)

木材の乾燥や収縮によるひび割れを防ぐために、内部を削って収縮しやすくする技法です。一木造では後頭部や背部からくりぬくため、背刳りとも呼ばれます。内部を削ることで像が軽くなり、また、木材の乾燥を早めることにも役立ちました。

割矧造(わりはぎづくり)

一木造の像をその製造過程で前後もしくは左右に木目に沿って割り、内刳りを施したのちに再び継ぎ合わせて仕上げをする技法です。一木造よりも多くの空洞ができることから重量も軽くなり、木材の乾燥も早く進むというメリットがあります。

寄木造

いくつかの木材をはぎ合わせて像を仕上げる技法です。一本造で仏像を造る際には巨木が必要になりますが、寄木造では小さな木材でも数多く集めることで巨像を造ることができます。

また、部位ごとに分けて作成することが可能なので、多くの仏師が同時並行で製作に従事することができるのも大きな特徴です。小さな木を用いることで重量が軽くなり、また木の狂いもほとんどないという利点から、平安時代中期以降の仏像は、ほとんどがこの技法で製作されることになりました。

5.装飾技法

截金(きりかね)

截金は金、銀、銅、スズ、プラチナなどの金属箔を、線状や三角形、四角形などに切り、それを貼り合わせて模様を描く装飾技法です。仏像や仏画などで仏や菩薩の着衣や甲冑などを装飾するために用いられます。

5玉眼

玉眼は仏像の目をより生き生きと表現するため、眼球部分に水晶をはめ込む技法です。像の眼球部分をくりぬき、内側から水晶をはめ込んで瞳を描き、当て木で抑える方法が一般的です。鎌倉時代以降に多く用いられることになった技法ですが、平安時代後期の仏像にも、玉眼の技法を用いたものがあります。

まとめ

様々な技法があり、その技法それぞれの特徴によって多彩な表情を見せるのが仏像の奥深いところです。同様に、仏像の修復にあたっても、その製作技法に則った方法で細心の注意を払って当たる必要があります。

長きにわたって寺院の宝物として大切にしてきた仏像に万が一のことがあってはなりません。些細なことでも仏像に異常が見られたら、「清和佛具株式会社」までお気軽にご相談ください。