仏像を作成する職人「仏師」とは?その紹介と扱う手法を解説します

仏像を作成する職人

仏像を製作する職人は仏師と呼ばれます。仏師は資格や免許があるわけではありませんが、一人前になるためには弟子入りすることや学校などでしっかりと技術を学び、長い修行期間を経る必要があります。この記事では、そんな仏師の基本的な情報や仏師が学ぶ仏像作成の手法について解説します。この記事を読んで、是非とも仏師のことを知ってください。

仏師の概要

仏師とは

仏像を製作する職人のことを仏師と呼びます。仏師は古来より伝わる独自の手法を用いながら、仏像を作成していきます。独自の技法には様々なものがあり、木彫仏、石仏、金銅仏などがあります。技術を磨くために仏師に弟子入りをし、10年ほどの修業期間を経た後に一人前の仏師として働き始めます。

仏師の修行

仏師に弟子入りしている期間には決められた給料はなく、少額の手当て(月数万円程度)が支給されます。その収入だけで生活することは難しいために、住み込みとなっているところもあります。年齢は男女問わないですが、30歳までを要項としているところがほとんどです。また、修業期間は3年を目途とし、その後は話し合いのうえで進路を決定していきます。具体的には、弟子入り募集要項をホームページから確認出来るため、一度読んでみましょう。

仏師の学校

弟子入りという形ではなく、学校(教室等の呼称は様々)を運営しているところもあります。そこでは仏師としての実践的学習が行えるだけでなく、卒業後の進路までサポートしてくれるところもあります。弟子入りとなるとハードルが高いように感じる方には、学校という選択肢も視野に入れるとよいでしょう。ちなみに、仏師には免許や資格はないため、技術習得が一番の目的になります。

仏師の適性

仏師になる人には一定の適性が必要であるとされています。まず、日本の伝統文化に関心があり、勉強熱心である方が良いでしょう。つぎに、実際の仏像作成に大切な繊細さ、立体把握感覚、長時間の集中力持続を兼ね揃えている人は向いているといえます。また、仏師として自立できるまでには長い期間の修行が必要です。そのため、忍耐力も必要になります。

仏師の運慶

有名な仏師として、運慶を耳にしたことはないでしょうか。彼は東大寺南大門にある9メートル以上の大きさを誇る金剛力士像(仁王像)を作成した人物であり、日本のミケランジェロとも呼ばれています。

有名な仏師の作った仏像やその生涯は、博物館等で展覧会が開かれることがあります。仏師の世界を学びたい方は、これらから知っていくことも良いでしょう。

仏像の作成

仏像の作成は様々な技法がある

仏像の作成といっても、様々な技法がります。例えば、木彫仏、石仏、金銅仏ではそれぞれに素材が異なるために作成方法も異なり、習得すべき技術も異なります。ここでは、代表的な技法について一部紹介します。

木彫仏

木彫仏とは名前が指しているように、木に彫刻を行うことで作成された仏像です。仏像とは石や金属をイメージすることが多いですが、実は木で作成されているものも多いものです。木であるためにぬくもりを感じるという特徴だけでなく、美術的な側面からも人気があります。熱心な仏教信者の自宅には、木彫仏が多数置かれていることもあります。

木彫仏の作成は単に彫刻するわけではなく、彫刻した後に漆を塗ることや金箔を貼ることがあります。そのため、一口に木彫仏といっても作成方法はさらに幅広くなっています。また、1つの木材から作成する一木造りと複数の木材から作成する寄木造りというものがあり、それぞれにその伝統などが異なります。

石仏

石仏は大きく2つに分類されます。まず、自然の岩肌を活かして彫刻されたタイプであり、崖や石窟に掘られたものがあります。もう1つは、自然から切り出された石を加工した上で据えたタイプであり、お地蔵様や観音様等の独立したタイプになります。

また、彫刻技法からの分類もあります。具体的な作成方法としては、お地蔵様であれば次のような手順になります。まず、長方形の石に絵を描き、それに合わせて大まかに削ります。そこからノミを当て、少しずつ彫刻していきます。文章にすると簡単な工程ですが、ノミだけでお地蔵様の姿を作り、顔等の細かな部分も仕上げていきます。

金銅仏

金銅仏とは、銅製の仏像彫刻にメッキを施したものです。金銅仏の作成は彫刻とは異なります。まず、蝋で形を作った後に土を塗り、焼きます。それによって蝋は溶けて土だけが固くなって残ります。そこに銅を流し込み、固まった後に土を割り、出てきた銅像にメッキを施すという手順になります。仏師の仕事はノミを使った仏像作成をイメージしますが、金銅仏のみは違った手法になります。

まとめ

この記事では、仏師に関する基本的な知識と仏師が扱う技法の代表的なものを紹介しました。仏師の世界は非常に奥深いため、知れば知るほどに興味が広がってくるものです。仏像ブームがあった時もありましたが、仏師についても是非とも知っておいてください。そして、仏具・神具・仏像の通販・製作・修理なら大阪に本社を持つ「清和佛具株式会社」にご依頼下さい。安心の価格と細かな対応で、全国どこへでもお伺い致します。