仏像にかかる製作工程での期間は?期間の違いを説明

仏像にかかる製作工程での期間は?

仏像の製作をお考えの方や、ご相談をしたいという方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか。仏像を製作するにあたって気になるのが、製作にかかる期間でしょう。実は、仏像の期間は職人・デザイン・大きさなどによって変わります。今回は製作にかかる期間を詳しくご紹介していきます。

仏像の製作期間は職人によって違う

仏像の製作を頼みたい方、もしくは考えている方も多いことでしょう。しかし、気になる仏像が完成するまでの期間は職人の腕や技術によって異なります。長年にかけて仏像を造りあげてきたプロの職人と、最近職人になった初心者からのスタートでは速さや技術が違うのです。

長年にかけて造りあげているプロの職人は、長いこと造ってきた経験・実績から高度な技術も手馴れています。しかし、職人になったばかりの方では慣れるまでに時間がかかるということや、高度な技術も身につけるまで時間がかかるからです。

そのため、一概に製作期間はこのくらいだという明確な期間は決まっておりません。また、デザインや種類によっても異なってくるのです。しかし、デザインや大きさで長年のプロ職人と、新しく職人になった方のおおよその目安の製作期間はきちんとあるといえます。

大きさで製作期間は変わる

仏像は仏像でも、デザイン・大きさ・種類で製作期間は異なってきます。たとえば30センチくらいの大きさであれば、大体1ヶ月ほどといわれています。ただ、職人によっては同じ30センチの大きさの仏像を製作するにしても期間は変わってきます。

職人経験の日がまだ浅い方は、3ヶ月ほどかかると見ておいたほうがよいでしょう。40センチ~の仏像に関しましては、約3ヶ月~といわれています。60センチほどの大きめの仏像になりますと、おおよその目安としては4ヶ月~必要と認識しておくのがよいでしょう。

しかし中には、38センチ・44センチなど3ヶ月ほどの期間の仏像なのに対し、同じ大きさや多少の高さの違いだけでも約2ヶ月の期間というものもあります。これには、デザインなどの手間暇などにかかる期間で変動する、という場合もあるということをしっかりと認識しておくのがポイントです。

長い期間に渡って完成する製作工程

30センチ~・40センチ~・60センチ~と大きさはさまざまですが、それぞれ長い期間を使って完成している仏像に変わりはありません。この仏像が立派な姿をして完成する期間までの、製作工程はとても丁寧に手間暇をかけて造られているのです。

製作工程①:図面の作成

仏像を彫刻していくことに欠かせないのが、図面の作成(下書き)です。どのような仏像のデザイン・大きさなのかを把握してから、図面に書き写すことでアンバランスにならずしっかりとした仏像を造っていけます。

製作工程②:用材に映し出す

図面で測った仏像の寸法・下書きが完成したら、直接木に図面を映し出していく作業が行われます。用材に映し出すときは、総高・奥行き・幅などそのままの仏像の寸法で写していき、そこで彫刻する下準備が完成させていくのです。

製作工程③:のこ引き

ここでは実際に、余分なパーツを取り除くための作業を開始していきます。順番で言えば、正面から取り除いてから側面を取り除いていくという流れです。ここの工程でようやく仏像の形やイメージを認識できるようになってきます。

製作工程④:小造り

荒彫りをしっかりと済ませた後は、まだ凸凹した部分部分を統一していく作業に移ります。小刀や平刀・丸刀などを用いて慎重に丁寧に彫刻していくのです。ここでは、次の工程に進めるように重要な工程でもあります。

製作工程⑤:造形

ここでは一気に仏像の形を整えて、完成に近づけていく作業段階に入ります。特に体の各部分・顔・手や腕・目など順番に丁寧にしっかりと造形して整えていきます。この時点で仏像の全体のほとんどの形ができあがってくる、重要なポイントになります。

製作工程⑥:修正の確認

ここでは綺麗に造形した仏像に、腕や台座などのズレやデザインのズレなどがないのか、しっかりと確認する作業を行なっていきます。修正箇所を確認してから修正を行なっていき、彩色含め最後の調整を念入りに作業していくのです。

製作工程⑦:ようやく完成

長い細かな製作工程を経て、ようやくここで立派な仏像は出来上がります。完成に至るまで地道に細かい高度な技術で、手間暇をかけながらようやく完成に至るのです。

仏像の製作期間の納期は重要

仏像の大まかな製作工程は同じ要領で造られていますが、職人のこだわりによっては1年などかなり長い期間を得て完成させることもあります。実際に元々長い納期から突然納期が早まったりすることもあるのです。その納期を早く完成させたことでクオリティーが落ちてしまい、価値が台無しになってしまうこともあります。

製作における早い期間製作もとても重要ですが、さらに時間をかけて100%の完璧にこだわりぬいた仏像を造るというのも素敵な魅力です。製作期間はおよその平均期間はありますが、職人によっては長い期間をかけるということも、仏像を製作するにあたってとても大切といえます。

まとめ

仏像には早くて1ヶ月~の製作工程期間から、長くて1年という製作期間までさまざまなものがあります。同じ製作工程でも、職人のこだわり・仏像のデザイン・大きさによって期間はすべて変わるものです。

「清和佛具株式会社」では、さまざまなお客様のこだわりの仏像に合わせて、プロの職人が一彫一彫
魂を込めて丁寧に製作していきます。仏像のご相談はぜひともお任せください。