四天王像 修復(日蓮宗) 神奈川県

かなり前になりますが、神奈川県の日蓮宗寺院さまに祀られておりました「四天王立像」の修復をさせていただきました。
彩色も剥げ落ち、手足に欠損部分などが見受けられましたが、ご住職様のご希望に添いながらきれいに復元できました。

現在、大阪には緊急事態宣言が発令されており、自粛期間中であるのでなかなか遠方のお客さまのところへはお邪魔しにくい状況になっております。
会社としても出張に行ってなんぼのものなので、かなり困窮した事態に陥っておりますが、なんとか頑張っております。
仕事量も確実に減ってきておりますが、どんな小さな仕事でも関係なく今持てる力を発揮して技術者一同踏ん張っております。

この仏具の業界は、傾きかかった船のような状況です。元気な寺院さま・神社さまがあってこその業界です。
また、この業界は日本の伝統技術(文化)を継承していく存在でもあり、誇りを持て皆んな仕事をしております。
感染症対策を取りながら引き続き、寺院さま・神社さまが元気になってくれることを祈りつつ、そのお手伝いもしていきたいと思っております。
些細なことであってもお声がかかったりお手伝いできることがあれば、修復・新調はもとよりコンサル的なアドバイスなどもご提供できればと考えております。コロナ・ウィルスの影響は全国へ再拡大の傾向をみせておりますが、それに負けることなく努力していきたいと思っております。

この様な世間の状況ですとせっかくお声をかけていただいても、宿泊施設(ホテル)から宿泊拒否されたりと思うように全国行脚できない状況ではあるものの、何とか知恵を絞って対応しているのが現状です。

なんとかこの状況に適応しながら現状打破をしていきたいと願っております。