算額 納品 (大阪府茨木市)

久しぶりに大阪府内のお客様のところへ。
この業界に入って、はじめて『算額』なるものを納品させていただきました。
算額は、勉学が良くできた人を神童として寺社に祭るってことなんでしょうかね。
今回は、江戸時代からあった算額を完全にレプリカしたものになり、もう解読すらできないような文字を庵主さんが、丁寧に鉛筆を擦って浮き出した文字をケヤキの一枚板に転写させていただきました。
庵主さんの鉛筆でのご苦労がなかったら 復元は難しかったと思います。
本物の算額は、茨木市内の博物館に収蔵されるそうです!
なかなか、時間をかけてしまってお待たせしてしまいましたが、庵主さんにはとても喜んでいただき、気持ちのいい納品ができました。