瓔珞のお見積りへ (愛知県:日蓮宗寺院さま)

今日(いや、昨日か)、顔を出させていただいた日蓮宗の寺院さま。
人天蓋、幢幡の瓔珞が もうポロポロ落ちていて、限界に達しているようだ。
瓔珞がない箇所もかなり多数あるし、、、
ここまで損傷がひどいと
完全に新しいものと交換し、金箔を貼り、丈夫な糸で繋ぎなおさないとどうしようもない。
その旨、ご住職さまに申し上げた。
『じゃ、見積もってよ!』と簡単に言っていただけたが、瓔珞ごときなら安くできるだろうと思っているのが、表情を見ていたら安易に推測できる。
いや、瓔珞って小さなパーツに金箔を貼って、一つずつ繋げていく、とてつもなく地道でしんどい作業なんです。
説明して、高くなりますよ。と言っても『いいよ、いいよ』と軽く返事してくれはる。
瓔珞ごとき、と思っていたら きっとお見積書みたらびっくりするに違いない。
塩梅が難しい案件になってきたなぁ。。。
皆さま、瓔珞を侮ったら腰抜かしますよ!
皆さまのところの瓔珞は大丈夫ですか?
早めに手を施すことをお勧めします!