隠岐の島へお見積りに伺いまして。

先日、お見積り依頼があり島根県の「隠岐の島」へ日帰りで行ってまいりました。 お見積りの仕事が予想よりも早く完了したため、飛行機が離陸するまでの時間を有効に活用しようと 「隠岐國一之宮」さまへ参拝させていただきました。 隠岐國一之宮は、島前と島後と二ヶ所あるそうですが、今回立ち寄ったのは島後。 「水若酢神社」さまへの参拝となりました。 普通の神社だと「本殿の屋根」が、正面に向いて傾斜していますが、こちらの神社は「妻切」になっていました。 宮司さまにお話しを伺うと「正面が妻切屋根」になっているのは「隠岐造り」という建築様式で、一般的な「神明造り」「大社造り」とはまた違うものであるそうです。 茅葺の妻切屋根が重厚感を出していて、とても雰囲気のいい神社さまでした。