お叱りの言葉を賜りました!

先般、京都市内の寺院さまより御本尊の光背の修理依頼を賜りました。
依頼を承り、お邪魔し、光背を引き取らせていただき、工房でいつもの通り修復を開始。

数日後、一本のお電話が・・・

「光背を外した時に台座の一部を欠損させた!!!」という内容。

平謝りして、台座も至急修復させていただく旨お伝えしているのだけど・・・
お叱りの言葉が、京都風で、長時間。 平たく言えば、クレーム案件。
ホントに申し訳ないことだけど・・・少々、げんなりしてしまいました。

最終的には、光背も台座も完璧に修復させていただいて、なんとか終わったのですが・・・
なんとも後味の悪い反面、弊社の気のゆるみにも猛者させられました。

お叱りをいただいて、良かったと思っております。
この度は、ご迷惑をおかけいたしました。